<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

September

c0050264_2371988.jpg

ジャズフェスティバルで、誰が歌ったかは忘れたけれど
「September」という歌を聴いた。
もちろん、英語は分からないので詩の内容は分からないけれど
この歌を聴きながら、頭の中に9月のイメージが色々と浮かんでいた。
幸せだね9月さん、歌を作ってもらえるなんて。
そんな9月も今日で終わり、明日からは10月だね。

小さな花屋さんの前に置いてあった花
名札を見れば「ネコのヒゲ」という名前、言われてみればなるほどね~。
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-30 02:32 | Comments(0)

ケッ!

c0050264_2145791.jpg

喉はパスしたけれど、もう一つの気がかりは胃の組織検査の結果が今日でる。
オズオズと先生の前に座れば、「まぁ、問題はないでしょう」
その後「今年はライブの予定あるの?」と先生から聞かれてしまった。
もちろん、私はニコニコと「ハイ、来月あります」
入院中から「桜島のオールナイトライブへ行くので、早く治さないと」と
言っていたことを覚えていたみたい。
これで、後半年は元気で遊べるよ、嬉しいな。
半年に一度の病院通いは、私に健康でいることの大切さを
思い出させてくれる日なのかもしれないね。

病院の前庭にいた鳩だけど
右側の鳩が、まるでシツコク女性に言い寄るように後をつけまわしていた。
「ねぇ、いいだろう。僕とつきあってよ」
そんな様子を見て左端の鳩が「ケッ!見てられないよ」と言っているかどうかは
分からないけどね…
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-29 02:10 | Comments(2)

寄り添って

c0050264_1192662.jpg

この時間が止まるといいね
寄り添う二人は、輝いて…
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-28 01:18 | Comments(0)

いつもと違う道で

c0050264_163338.jpg

こんなの見~つけた。
“かかられる”って
襲われる・・・飛びかかられる…そんな意味なのかしら?
仙台弁、使ってないから忘れてしまったな。
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-27 01:05 | Comments(2)

ファンタスティック・フォー

c0050264_0504382.jpg

どちらかというと「頭文字D」より、こちらの方が見たかった。
それならばということで、昨日連れて行ってもらった。
涙がこぼれる感動ものではないけれど
スキッと楽しめた。
こういうアクションもの、私って結構好きなのよね~!
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-26 00:50 | 映画 | Comments(2)

秋のひまわり

c0050264_14154981.jpg

秋のひまわりはミニサイズ、それでもちゃんとひまわりの顔をしていた。
沢山の可愛い顔が並んだひまわり畑を見ていたら、
小さい頃にこんなひまわり柄の洋服を着たような記憶が…。

雨上がりの夕方4時頃、松島の根廻地区のひまわり畑に行ってみた。
出店はもう終わっていたけれど、100円でひまわり摘み放題
片手で持てないくらい摘んできたので、家に帰ってから
花瓶を総動員、それでも余ったので残りは職場へ持っていくことにした。
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-25 14:14 | Comments(0)

曼珠沙華

c0050264_14234314.jpg

雨の野草園、咲き始めの彼岸花が雨に濡れていた。
彼岸花・・・曼珠沙華・・・
曼珠沙華の名前の方が今日のあなたには似合っているよ
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-24 14:17 | Comments(0)

読書の秋

c0050264_12524642.jpg

そろそろ本が読みたくなってきて…秋を実感
まずは何をと、図書館の書棚を見渡してみた。
内田康夫の浅見光彦シリーズはけっこう読んでいるけれど
「しまなみ幻想」…これは、まだみたいだね。
喫茶店の片隅で、コーヒーを飲みながら読書タイム
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-23 12:52 | Comments(0)

赤トンボ

c0050264_1452928.jpg

“赤トンボに ハンドルとられて 徒歩通勤”
しようと思ったけれど、時間がないので
“赤トンボに ハンドル取られて 取り返し”
訳を話したら、分かったみたいで別の場所に移動してくれた
何だか佃煮にできるくらい、ワンサカとトンボが飛んでいる
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-22 01:45 | Comments(2)

今、私は…

c0050264_12423356.jpg

16日から、私はビクついていた
内視鏡で喉に異物が見つかり、
今日、耳鼻咽喉科で精密検査をうけた
特に心配はないと思うが、3ヵ月後に再検査をしようという事で一安心
病院の帰り、欅並木を歩いたら愛嬌のある鳥さんがピョコピョコ…

翻訳サイトで詩もどきを英訳してみた
何か、カッコ良いかなって…


今、私は
大地の上にたっている
青空を見上げている
光の眩しさに目を細めている
頬を通り過ぎる風に秋を感じている
いつもと変わらない9月の一日だけど

明日は何をしようかと、思える事が
とても嬉しい
私の命が、私に囁く
いつもと同じに過ごせることが
それが一番大切な事と
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I : now.
It leaves on the earth.
It looks up at the blue sky.
It ..dazzling about light.. screws up one's eyes.
On September 1 just like always to feel autumn in the wind that
passes in the cheek

The thing that it is possible to think what we shall be going to do
tomorrow is very glad.
My life whispers to me.
Being possible to spend it as well as always : with the thing that it
is the most important.
[PR]

by Myself_2 | 2005-09-21 12:41 | Comments(2)