<   2006年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今年こそ

c0050264_138030.jpg

今年こそ、今年こそと思いつつ
はや一ヶ月が過ぎてしまった
胸の奥でチロチロ燃える熱い想いを消さないように
残りの11ヶ月を過ごしたい…
と毎年思うんだけど、その想いを継続するのが難しいんだよね。

頑張りなさいと二人の友人から今日プレゼントが届いた
「男たちの大和カレー&コーヒー」「おせんべい」
コーヒー飲んで、おせんべい食べて、お腹が空いたらカレーにしましょ!
まずは、それから・・・
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-31 13:07 | Comments(4)

黒豆ロール

c0050264_1305725.jpg

昨日、ガラス美術館の喫茶室で食べた黒豆ロール
手術後は甘さはあまり欲しないけど、たまに食べると美味しいね。
景色を眺めて、ほっと一息
こんな時間が私にはとても必要♪
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-30 13:07 | Comments(0)

ガラスのお雛様

c0050264_12534339.jpg

「藤田喬平ガラス美術館」で開催されているガラスのお雛様展を見にいった
ガラス、透明のキラキラ感、冷たい素材なのに暖かくも見え、好きなんだ。
ガラスのお雛様も、それなりに味があって可愛いよね。

美術館のトイレに入ったら、とても良い香りがした。
思わず係りの人に「トイレ、良い香りですね」と声をかけた。
芳香剤にワックスのミックスらしいけど、名前は分からないみたい。
香りは写真に撮れないし、説明するのも難しいけど
爽やかなのに、ほんのり甘く…春風ってこんな香りかな?
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-29 12:53 | ミュージアム | Comments(0)

太平翼(タイピーエン)

c0050264_12481890.jpg

(太平燕とは中国は福健省を起源とする中華料理で別名、春雨スープと言います)
ですって。
でも中華料理なのに熊本県以外では、ほとんど食べられていないとの事
102歳の息子さんにご馳走してもらって、私も初めて食べた。
美味しい上に胃に優しそうな感じで、どうして全国的にならないのだろう?
近くで食べれるなら、注文するんだけどなぁ…。
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-28 12:47 | Comments(0)

c0050264_20499.jpg

お正月はとっくに過ぎた筈なのに
人吉市の玄関先には、こんな飾りや、正月飾りが下がっていた。
どうしてなのか聞きそびれたけれど、旧正月って今頃だったのかな?
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-27 02:00 | Comments(0)

ちはるちゃん

c0050264_1472848.jpg

出水市を牛車をひいていたちはるちゃん
ちはるちゃんをバックに写真を撮っている私達を
「まったく、何やっているんだろう」と思ったかどうか…
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-26 01:47 | Comments(0)

柑橘類・大中小

c0050264_1331745.jpg

九州に行くと買いたくなる物、珍しい名前の柑橘類
一番大きいのは晩白柚(ばんぺいゆ)、次は不知火(でこぽんと同じ種類らしい)、
小さいのはぽんかん
重いと分かっているけれど、どんな味かなと好奇心で買ってきた。
晩白柚の皮でお菓子を作れると書いてあったのでHPで調べてみたら
2日がかりの大仕事、どうやら私には無理みたい。
中身だけ食べることにしよう
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-25 01:32 | Comments(0)

楽しかったな…

c0050264_10185311.jpg

楽しかった3日間も過ぎて、今日から仕事
でも、もう頭の中は次に行きたい所ばっかり考えている。

写真は人吉市職人の町鍛冶屋町の刃物のお店
店を覗いても誰もいない
きっと、店の前を通る人を全面的に信用しているのだろう。
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-24 10:18 | 旅行 | Comments(0)

102歳

c0050264_0341828.jpg

友人のその又友人の実家のお店が熊本県水俣市の「柳屋本舗」
(創業70年余、手練り一筋で練り上げられた羊羹と最中の老舗)
柳屋本舗の社長とその又友人の母君が102歳の美貴さん
ちなみに最中の名前が美貴最中(母君の名前がついている)
縁もゆかりもないのに、私とnoboさんまでお宅に上がって
美貴さんと一緒に写真を撮らせていただいた。
耳も目もしっかり、顔も上品できれいで…102歳とはとても思えなかった。
こんな風に年をとれるなら、年をとるのも恐くないね。
あやかれるように美貴最中と羊羹を購入
店の前の蝋梅がとても綺麗に咲いていて、良い香りがただよっていた。

お客さんが待つ場所に火鉢が
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-23 00:21 | 旅行 | Comments(0)

出水の鶴

c0050264_085396.jpg

友人夫婦が去年ここに来て、ぜひ私に見せてあげたいと思ったんですって
旅行スケジュールにちゃんと入れてくれて、民宿新ツルミ亭へ荷物を置いて
窓から外を見れば、鶴、鶴、鶴・・・
カップルが一斉に飛び立った鶴に驚いているのまでよく見える。

少しでも鶴に近寄りた~い
[PR]

by Myself_2 | 2006-01-22 23:58 | 旅行 | Comments(0)