<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

野草園散策   

c0050264_0462868.jpg

noboさん仕事で、私一人の土曜日
それではと、久しぶりに野草園まで出かけてみた。
萩は少し遅かったかな?でも、彼岸花はちょうど良い具合で…
ヒラヒラ飛んでいたこの蝶々、名前がわからないけど
「センスの良い秋に似合うお洋服が素敵よ~!」
c0050264_0575919.jpg

真っ赤な彼岸花に、黒いカラスアゲハ…こちらもオシャレね。
でも落ち着きのない蝶々で、写そうと思うとすぐ飛んでいってしまう
少し止まってくれたら、もっと別嬪さんに写してあげたのにね。

野草園はバスの時間が少ない
ちゃんと帰りのバス時間は確認しておいたので、その時間にバス停へ行けば
女性3人組が「次のバスまで時間があるよ」とブツブツ言っている。
そんな筈ないでしょうと時刻表を見れば、私が見たのは平日欄だった。
そう、いっつも私は詰めが甘いというか、早とちりというか…
[PR]

by Myself_2 | 2007-09-29 00:45 | Comments(2)

月がきれい   

c0050264_126723.jpg

買い物帰りに空を見上げれば、煌煌とした月がいた。

秋といえない、暑い日だった。
それでも、やはり秋は秋
澄んだ空に、くっきりと月が…
心の中まで照らしてくれるように、光っていた。

連休の最終日
お墓参りをした。一応、秋服の整理をした。探し物の書類を発見した。
まっ、これで良いとしましょう。
[PR]

by Myself_2 | 2007-09-24 12:02 | Comments(2)

そは何ぞや?   

c0050264_11551187.jpg

一個ずつセロハンのような紙にくるまれた柿?
さて食べようと包装をはずせば、何か変?
イヤダ~トマトじゃない。
まっ、トマトも好きだから、そのまま食べたけれど
食べるまで、全然気づかなかった。
外観で物や人を判断してはいけないという、教訓にしとこう。

記念にもう1個で、ニセモノ林檎と記念撮影。
[PR]

by Myself_2 | 2007-09-22 11:54 | Comments(0)

ぶどうが食べた~い   

c0050264_1291260.jpg

テレビでぶどう狩りを見て、ぶどうが食べた~いと思ったら
「ピンポン」と宅急便の配達の人がぶどうの箱を持って現れた。
うわぁ~すごいタイミングと判子を押そうとすると
あて先が違うじゃないの。
配達違いだった、不完全燃焼…即、ぶどうを買いに行った。
巨峰を食べて大満足。

泉ボタニカルガーデンの喫茶コーナのアイドル黒猫ちゃん
茶色の縞々が好きだったけれど、黒猫も可愛いね。
[PR]

by Myself_2 | 2007-09-19 12:08 | Comments(0)

連休最終日   

c0050264_11543621.jpg

この3連休で予定していた事
秋物の服を出す、中掃除、
まだ見つからない書類を捜す(手をつけていないダンボールを発掘)etc…etc…
どれも手をつけず終わってしまった。
泉ボタニカルガーデンへ久しぶりに出かけ
空っぽの冷蔵庫に食料を買い込み、溜まったドラマを見て…
これで3日間は終わってしまった。
本当に休日の時間はあっという間に過ぎてしまう。

仲良さ気に飛ぶアゲハチョウ、カメラを持って追いかけた。
「今を楽しめばいいのよ」とアゲハチョウが言っている…
とっ、都合の良い解釈をする私には、確かに聞こえたよ♪
[PR]

by Myself_2 | 2007-09-17 11:52 | Comments(2)

ジョン・レノンのように   

c0050264_23391867.jpg

万平ホテルのカフェテラス
c0050264_23481858.jpg

ジョン・レノンのように朝のティータイム
→の木の札をレジに持っていって会計する。
木の丸みと字のかすれ具合が年代を感じさせるね。

後は軽井沢の街をブラブラ
noboさんが牛乳を飲んでひと休みしている間
私一人で室生犀星旧居に行ってみた。
室生犀星が好きだった縁側に座って離れ家を眺む。
c0050264_0461432.jpg

[PR]

by Myself_2 | 2007-09-09 23:33 | Comments(0)

軽井沢、文学散歩   

c0050264_22542410.jpg

初秋というより晩夏の軽井沢まで足を延ばした。
レンタカーを借りて、私のことだから予定のない気まぐれ旅
「noboさん、ちょっと止めて!浅見光彦の家だって」と駐車場へ入ってみれば
駐車場に止まっている車はソアラ一台
もしかして浅見光彦さんが来てる?(なんてある訳がないけど)
期待でドアへ近づけば、ここは浅見光彦クラブの会員になっている人だけの
宿泊施設らしい。
中には資料等も展示してあるようだけど、残念!会員じゃないから見られない。
「浅見光彦シリーズ、ほとんど読んでいるんですけど」と言っても駄目だよね。
その後は美術館と作家達の別荘等をめぐった。
c0050264_2344379.jpg

ペイネ美術館
c0050264_236054.jpg

深沢紅子 野の花美術館
c0050264_2365030.jpg

野上弥生子の山荘
c0050264_2384019.jpg

有島武郎の別荘
家族写真が展示してあったのだけど、すごく美人の女性が写っていた
誰かな?息子のお嫁さん?信子という名前らしいけれど、何だか気になる。
c0050264_23253317.jpg

ちょっとピンボケだけど、堀辰雄の別荘

文学気分にどっぷり浸った一日だった。
[PR]

by Myself_2 | 2007-09-08 22:52 | Comments(0)

いよいよ!・・・でも台風が…   

c0050264_22282881.jpg

台風の進路が気にかかる
新幹線は平常通りに走るのかな?仙山線は?
前日に仙台駅までタクシーを予約して、後は運を天に任せて寝たのだけど…
空は不気味な静けさ、新幹線もさほど遅れることもなく出発し
7分遅れだけで東京駅に到着した。
東京は風が強いだけで、天気はすこぶる良し
もしかして、私の行いが良かったから?
友人とも会え、さいたまスーパーアリーナまでは
やっと運転再開したばかりの路線で早めに着いたので
「ジョン・レノン博物館」へ連れて行ってもらった。
壁に歌から抜粋した言葉が書いてあったけれど、彼の言葉は本当に優しい。
愛に満ちている…それなのに、銃弾に倒れるなんて…
生きていたら、どんな歌が生まれていたのだろう?

桜島のメンバーが集合
まだ大学生だと思っていた一番若い彼女も社会人になっていて驚き。
今夜の剛の歌も最高だったけれど
仕事が終わってから皆との打ち上げに駆けつけるnoboさんとの待ち合わせ時間が
1時間も過ぎたのにまだ剛の歌が終わらない
せめて私だけでも先に行ってあげないと…と途中で会場を後にした。
後で聞いたら最後の歌が「勇次」だったとの事、悔しいなぁ~
クラッカーをパ~ンと鳴らしたかった。
最後までいれば良かったと一瞬後悔してしまった。
3時間半のライブ、今夜の剛最高だった♪
[PR]

by Myself_2 | 2007-09-07 22:26 | Comments(0)