仙台光のページェント

c0050264_12134049.jpg

c0050264_12141276.jpg

c0050264_12143773.jpg

ホンのさわりだけ、光のページェントを26日に見学。
勾当台公園と西公園のライトアップも見たかったのだけど
定禅寺通りの光の下を歩いてみただけで「残念」時間切れ。

c0050264_12192177.jpg

走る車の中から写した写真、ブレブレだけど
まるで光が追いかけてくるようだ。

寒い冬
冷たい灯りの筈なのに、何故だかとっても暖かく見える。
[PR]
by Myself_2 | 2010-12-28 12:22 | イベント | Comments(2)

図書館に本を返しにメディアテークへ出かけた。
その1階でやっていたイベント、どうしてそうなるかは分からないが
影の雪が舞っていて、私の影にも雪が積もっていく。
手を動かすと、雪が吹雪いたり、払うことができる。
楽しくて、しばらく遊び
スクリーンに映る影絵のような私をnoboさんに写してもらった。
何か、物語ができそうな感じ…
noboさん曰く「影だと、年がわからないね」
c0050264_11405536.jpg

c0050264_11412129.jpg

c0050264_1141484.jpg

c0050264_11422496.jpg

c0050264_11424640.jpg

c0050264_1143841.jpg


12月22日の仙台の大雨
雷に飛び上がり、大雨で電車も止まり
記憶に無い限りの大雨を恨みつつ、バス停と電車の駅を行ったり来たり
1時間の遅刻で職場に到着した。
次の日の歩道
c0050264_12142869.jpg

空の変わり身の早さ「一体、昨日は何だったの?」と聞いてみたい。
[PR]
by Myself_2 | 2010-12-27 11:46 | イベント | Comments(6)

c0050264_117882.jpg

14日の配電盤火災の為に休止していた光のページェントが
22日にやっと再開されるらしい。
私も、今年は通りすがりに14日以前に、携帯で2~3枚写しただけ。
今週末にブラブラ見に行こうかな…♪

c0050264_1120529.jpg

迷い道…一体どの道 行けばいいのかな?
自分がちっぽけに感じる時がある 
もっと賢く もっと優しく もっともっとと…
堂々巡りの無いものねだり
他人(ひと)が皆 賢そうで 優しそうで 幸せそうで…
自分の生きる価値を見失いそうになる

そんな時、剛の歌が力になる
「ALL RIGHT」

もう生きてゆけない 自分が大っ嫌いで
苦しみばかり 食い散らかしてきたんだ
得体の知れない 不安が僕をおそい
打ち勝つほどの 勇気も失せてしまった

このまま空へ吸い込まれていなくなっちまえば
僕が誰かも どこかも きっと全てが楽になる
          ・
          ・  
          ・
all right all right all right
死んだふりして 生きてんのが 馬鹿馬鹿しくなる
all right all right all right
生きてるふりして 死んでんのも もうやめよう

ある朝 日が昇り 川を下った
流れる水が 金色に光ってた
得体の知れない 疑いが砕け散った
思わず僕は 川に飛び込んだ
 
生き残ることに 図々しさまで感じてきたけど
しおれた心臓の鼓動さえ 愛おしく今、高鳴る
         ・
         ・
         ♪
「四十にして惑わず」なんて、私にはとてもとても
迷いぱなし 後悔しっぱなし 人を羨みぱなし…
そんな私でも生きる価値があると信じつつ…
パラパラとめくった雑誌のできる女の特集を見て
同年代の人とのおしゃべりに、自分の常識の無さを感じ
他の人、み~んな み~んな立派に思えて
少々落ち込んでしまった、私なのだ。
そんな時、来年の大阪城ホールのチケットが届いた。

さぁ、元気をだそう!
迷い無く歩いているように見える人々の中にも
きっと私と同じ想いを胸にしまっている人もいるに違いない
たま~に落ち込む 私のひとり言
[PR]
by Myself_2 | 2010-12-21 11:58 | Comments(10)

一夜あけて…川越散策

小町さんとクロスするように、ライブから一夜明けた12月5日
友人夫婦の車で川越へ出かけた。
東京に住んでいる友人夫婦も川越は始めてらしいが、
ネットで色々調べてくれたようだ。
まずは、喜多院へ
c0050264_10364084.jpg

寛永16年(1639)に建立された多宝塔
c0050264_10442531.jpg

天明2年(1782)から文政8年(1825)の約50年間にわたり建立された500羅漢
十二支が隠れているというので皆で捜した。
c0050264_104784.jpg

ぜ~んぶ捜して、それぞれの干支の前で記念撮影した。
「一番街」
c0050264_10522761.jpg

c0050264_12245091.jpg

古い趣のある建物が、イキイキとしていた。
小粋な昔のお姐さんが「どうぉ~」って艶に微笑んでいる感じだった。
c0050264_1231012.jpg

↑えぷろん亭で昼食
c0050264_124189.jpg

全部さつまいもを使った料理、いもカツやコロッケも美味しかったが
いも焼きソバという細切りのさつまいもを揚げ
餡をかけた料理が珍しくもあり美味しかった。
c0050264_1248897.jpg

川越のシンボル「時の鐘」
「菓子屋横丁」
c0050264_1249105.jpg

c0050264_12535657.jpg

c0050264_1255597.jpg

川越・無料休憩所 「陽気遊山」にいた猫達、一番上でぐっすり寝ている猫は
椅子に座った観光客の膝の上に飛び乗って気持ち良さげに眠ったらしい。
この膝の持ち主に断わって無防備に眠る猫をパチリ!
c0050264_12595579.jpg

夕陽が大きな銀杏の樹を照らし、楽しかった日も終わろうとしている。
最後に「シマノコーヒー大正館」で美味しい珈琲を飲み川越市を後にした。
c0050264_1341868.jpg

[PR]
by Myself_2 | 2010-12-14 13:04 | 旅行 | Comments(2)

ライブへ行く日は前日が一番ウキウキする。
その日が来れば「アッ!」という間にに過ぎてしまいそうだから。
それでも「いよいよ…!」期待は高まり過ぎて、ライブへは早すぎる時間
午前7:16仙台発の新幹線で東京へ向うが、大宮には8時半頃に着いてしまう。
何しろ脳天気な夫婦で、方向感覚がイマイチ
そんな私達を心配して早い時間にも関わらず大宮迄迎えに来てくれた友人夫婦。
ホテルに荷物を預けた後は、友人の車で東京の街を巡る剛ツアーに出発した。
c0050264_11494886.jpg

何てこと無い東京の風景だが、車の中でリピートして流す
剛の前のアルバム「FRIENDS」の「桜」に出てくる場所だと思うと…感激!
♪♪
スピード違反でパクられちまった
シャクに触ったからヘルメットを小突いてみた
ふんぞり返ったら切符きられちまい
目黒警察署でこっぴどく絞られた
(海老蔵様待機の報道陣が沢山いた)

あんな風にできたらいいな あんな男になれたらいいな、なんて
人の事をうらやんでばかりの俺がいる

山手通りから槍ケ崎を登り  代官山をぬけ 鉢山交番を右へ
渋谷のド真ん中一人突ったったまんま 
待っても待ってもまだ来ぬお前待ちくたびれてる

携帯電話の音が気になる だけど電源切る度胸も無いなんて
約束の時間あきらめきれない一人ぼっちの俺がいる

目黒川沿いの桜並木 狂い咲きした夜桜よ
桜、桜、咲き乱れ 散るはかなさが悲しくて
深夜4時 24時間牛丼かっ喰らい
あの時見た月は確かに丸かった
♪♪
牛丼屋さんはここではないとは思うけど、一応渋谷の牛丼屋さん
走る車の中から大喜びで写真を写す私

お昼は自由ヶ丘の「壽祐」で蒸寿司の“自由通り御膳”
身体に良さ気の優しい味だった。
c0050264_12252552.jpg

東京へライブへ行った時に立ち寄る「Rock On」
c0050264_1220108.jpg

グッズ購入の時間も考え、早めにさいたまスーパーアリーナへ向った。
c0050264_12295189.jpg

c0050264_12303798.jpg

Tシャツ・帽子・パンフレット・それにこの旗
人が多くて、小町さん・野菊さん・小町さんのお姉さんと待ち合わせた時
この旗のお蔭で私が見つかったようだ。
(野菊さんからオシャレな手作りのストールに美味しい手作りのパンまで頂いた。
 ありがとう♪ 襟元のアクセントに活用するね。 )
初ライブの野菊さんとお姉さんが楽しんでくれるといいなぁと思いつつ…会場へ。

ライブは最高!新メンバーの演奏はカッコよいし、剛も声がよく出てたし
「剛ー!」って思わず何度か連呼してしまった。
心地良い疲れの後は友人夫婦とビールで乾杯!
c0050264_12393897.jpg

ライトアップを眺めながらライブの余韻をかみ締めた。
[PR]
by Myself_2 | 2010-12-09 12:42 | Comments(4)

11月27日(土)
いつもの美容院、毛先をカットしカラーをした後
noboさんと仙台メディアテークで待ち合わせ。
何気に6階のギャラリーへ上がれば
仙台メディアテーク開館10周年事業「いま、バリアとはなにか」という催しをやっていた。
c0050264_1243415.jpg

c0050264_1244952.jpg

c0050264_12444259.jpg

c0050264_12451441.jpg

広いフロアに天井から色々な物がぶら下がっている。
一般市民からの寄贈物なのかな?
10年以上前のまだ梅酒が残っている瓶・小学生の名前入りの工作物
色あせた写真・大きなソファ・昔の家電・日本人形etc…
上から4番目の写真の不思議な電化製品は、私には???何だろう?
観賞料100円で、結構楽しめた。
『消費社会と均質化を乗り越えるアートの夢」展を鑑賞後、私たちを取りまく
さまざまな「バリア」について、ゆっくり考えます。』 が趣旨らしいけれど
そこらへんは、私にはよく分からなかった。
c0050264_12572777.jpg

3階の図書館で本を返し、定禅寺通りに面した窓を見れば
欅の影がいい感じ♪
c0050264_12585461.jpg

エレベータの円形の窓、降りていく途中でパチリ
これも、アートのように見えた。
c0050264_131541.jpg

c0050264_132189.jpg

c0050264_1324843.jpg

この日の定禅寺通りの欅並木、時折吹く風に落ち葉がパラパラと…
どっさり積もってしまった落ち葉で
大焼き芋大会でもすれば面白いのにと下らない事を
考えながら道端の落ち葉を蹴散らして歩いた。
このカサカサとした感じが心地良くて…
noboさんに「子供みたいな事を止めた方がいい」とストップがかかるまで。
[PR]
by Myself_2 | 2010-12-02 13:10 | ミュージアム | Comments(2)