先週、15日に仙台トランスシティ人間ドックを受けた。
と言っても、半日の簡単な検査なのだが前日夜9時以降は何も食べれない。
15時間程度の絶食なのだが、検査が終わってお腹ペコペコ状態。
千円の食事券で、何を食べるか考えたが
何も入っていないお腹にご褒美
レストランのリストの中で一番高そうなウェスティンホテル37階「一舞庵」に決定!
高いけれど、千円引きになるからねっ(^_-)-☆
c0050264_9251670.jpg

37階からの仙台の眺め(上の方の茶色の細長い建物が仙台駅)は最高だ。
メニューの中から2品を選んで、お寿司や諸々の惣菜、デザートはバイキングだ。
スタッフやホテルの従業員の方に深々とお辞儀をされ、場違いな感はしたが
お上品な味に満足した。
選んだデザートは
c0050264_9331195.jpg

noboさんは、みたらしに紫芋や抹茶風のお饅頭や大福等のがっちり系
c0050264_9334352.jpg

私は果物やムース系の軽めのもので・・・
ペコペコのお腹に、ご褒美をいっぱいあげてご馳走様♪
[PR]
by Myself_2 | 2011-10-25 09:43 | Comments(4)

第3会場 新港ピアへ

新港ピアの会場へバスで移動した。
c0050264_18193963.jpg

大きなゾウさん、小さな金属のピースを溶接して作ってある。
c0050264_18211115.jpg

そして、小さな小さな人形に比べたら大きなサクラエビ?
c0050264_18251341.jpg
c0050264_18254999.jpg

金属のピースを溶接した動物は、他にも…。
サイの後ろにある大きな猫の顔はよく見ると
掃除機の中にたまった綿ぼこりのような物を貼り付けて出来ているみたいだ。
ゴミも積もれば、何とか…かな?
c0050264_18292733.jpg

カバのかばん
c0050264_1830787.jpg

邪魔な発泡スチールの容器を積み重ねて、結構大きな部屋?空間?を作っている。
c0050264_18313929.jpg

鏡の沢山あるコーナでは、実際に散髪していた、散髪も含めアートのようだ。
c0050264_18334077.jpg

私にも出来るアートを見つけた。
このジーンズの並び具合、我が家でもよく見る風景だ。
読みかけの本の置き具合や、たたむ前の洗濯物や、諸々
よ~く我が家を見回すとアートだらけじゃない(^_-)-☆
c0050264_18471826.jpg

皆がくつろいでいたので、私もちょっとひと休み。
時間が無いとは思ったけれど、黄金町エリアの会場行きのバスに乗ってみた。
c0050264_18502364.jpg

竜宮美術館、お風呂に模様が浮かびユラユラ揺れている。
テレビで作者の方が、毎日掃除していて希望すれば入れると言っていたけど
入る人がいるのかな?
c0050264_18582296.jpg

ベットや壁、本、部屋中に草の芽のような形の紙で出来た物が散りばめられている…
やはり、時間がない。
このアートを最後にバタバタと東京駅へ急ぐ、新幹線に乗り遅れたら大変だ!
noboさんは訳の分からない物ばかり見て疲れたらしい。
まっ、私も訳が分からないけど…現代アートって面白くて好きだから私は大満足なのだ(^_^)v
[PR]
by Myself_2 | 2011-10-17 19:03 | 旅行 | Comments(8)

足利から横浜へ

c0050264_18452099.jpg

長男との待ち合わせ迄時間があり、栃木県の足利の街をウロウロした。
駅周辺にはコーヒーを飲んでひと休みするような店はなく、
訳の分からない裏通りに見つけた大正モダンなレトロカフェ。
チクタク…ゆっくり時間が流れている、
受付嬢のニャンコちゃんの可愛い声につられてしまった。
急遽、足利に来たのは長男が入籍したので顔合わせ的な~?という事で…。
長男はカエルが子供の頃から大好きで、
カエル好きの女の子なんているわけないしと心配していたが…いるんですね♪
長男の住む社宅には
c0050264_1993570.jpg

アフリカツメガエルという愛嬌のあるカエルが4匹にその他諸々が、気持ち良さげに泳いでいた。

日帰りでも良かったのだが、ウィークエンドパスでもあるしでローカル線でゴトゴト東京へ向かった。
テレビで紹介していた「ヨコハマトリエンナーレ2011」を見たかったのだ。
翌日10月10日
4会場で開催されるが、まずは横浜美術館から見ることにした。
c0050264_19352698.jpg

開館時間の11時迄、美術館前に展示されていたウーゴ・ロンディノーネの
“月の出、東、5月”と“月の出、東、9月”noboさんと私の誕生月の前で写真撮影。
c0050264_1936144.jpg

この灯りは想像力をかきたてる。
横浜のどこかの家の子供部屋とつながっていて、子供が留守の時に灯りがつき
家にいると灯りは消える…どうやら、今日は連休だし家にいない子が多いようだ。
c0050264_1944776.jpg

オノヨーコさんが、もしかしたら電話をしてくるかもしれない電話が置いてある
私は、電話がかかってきたらどぎまぎしそうでパスした(そんな事あるわけないのにネッ)
c0050264_2013928.jpg

美術館の窓から外の景色を写してみた。これも一種の作品のようだ。
c0050264_2064898.jpg

美術館のカフェでひと休み“小倉山ラテ”。
本当は冷たいのを飲む予定が、可愛さに惹かれてつい注文してしまった。
第2会場の日本郵船海岸通倉庫へは無料バスで移動した。
c0050264_20145431.jpg

テレビで見たカバさんがど~ん
c0050264_20405928.jpg

重力に逆らって生えている木
c0050264_2043160.jpg

自由に文字を並べてもよい展示、文字をみつけて私が並べたのは
「せんだいがんばれ」
[PR]
by Myself_2 | 2011-10-15 20:49 | 旅行 | Comments(0)

c0050264_16381053.jpg

永遠に夏が終わらないような気がしていたのに、何時の間にかすっぽり秋の中にいた。
c0050264_16424274.jpg

秋を探しに泉ボタニカルガーデンでダウジング?
どうやらこちらの方向にあるようだ。
c0050264_16442576.jpg

蜘蛛に捕らわれの落ち葉に
c0050264_16454653.jpg

彼岸花
c0050264_1647182.jpg


c0050264_16502449.jpg

紫陽花が茶色に枯れずに、ほとんど秋色の渋い色に変化していた。
真っ赤やピンク、渋い青…どの紫陽花も何ともいえず良い色だった。
c0050264_16562127.jpg

泉ボタニカルガーデンへ行く途中の田んぼは、ちょうど刈り取り時期のようだ。
震災にも放射能にも負けず、一生懸命お米を作ってくれた農家の方に感謝。
c0050264_1702385.jpg

夕暮れの山並みが綺麗だ。
c0050264_1712166.jpg

家へ帰る前に錦が丘ヒルサイドショップスに寄り道した。
空へ滲んだような三日月にヒルサイドショップスの建物の灯り…
どこか、異国の街へ来た気分で写真を撮った。
c0050264_177448.jpg

付録、泉ボタニカルガーデンへいた2匹の猫ちゃん
それぞれ性格が違うようで、最初に2匹並んでいた猫ちゃんが別れた後に
とった行動がおもしろかった。
[PR]
by Myself_2 | 2011-10-03 17:11 | お気に入りの場所 | Comments(8)